<窓口店舗>STEP2 待ち項目と待ち時間の設定をしよう

STEP1STEP2STEP3

店舗全体の設定は1台のiPadでおこないます。
設定は、同じAirIDでログインした他のiPadやパソコンにも反映されます。

※画面モード等の端末の設定は、iPadごとに設定が必要です。(STEP3でご説明します。)

待ち項目とは

待ち項目とは、[新規/機種変更/修理]など、お客様がどんな用件で来店したのかを
事前に把握するために設定する項目です。
他にも下記のように店舗の業態に応じて自由に項目の設定ができます。

 医療・・・内科/小児科

 修理カウンター・・・商品1/商品2

  銀行・・・口座開設/ローン相談

 携帯販売・・・新規契約/機種変更/プラン変更

 旅行窓口・・・国内旅行/海外旅行

 保険・・・生命保険/自動車保険

 

待ち項目を使うためには、待ち項目を選択させるボタンをONにします。
ONにすると、待ち項目ごとに順番管理が選べるようになります。

待ち項目の作成

①待ち項目・待ち時間>「待ち項目を選択させる」をタッチしてONにします。

②「待ち項目ごとに順番を管理する」をタッチしてONにします。

③「指定なし」を利用するは、初期設定はONになっています。
ONの設定では、お客様が待ち項目の希望がない場合に、指定なしを選択することができます。
お客様に待ち項目を必ず選択してほしい場合は、OFFに設定してください。

 

ON/OFFの概念は、下記の図を参照ください。(待ち項目を「新規」「機種変更」「修理」に設定。)

④待ち項目の項目名を追加・削除・修正する場合は、「待ち項目の編集」をタッチします。

 


⑤待ち項目の編集画面で、見出しと項目名、項目ごとの待ち時間を入力し、保存ボタンをタッチします。
※待ち項目は最大40項目まで設定できます。
※ [緑プラスアイコン/新規追加] [赤マイナスアイコン/項目の削除] [青白ボタン/表示、非表示]

 

保存が完了すると、お客様モードにした際に下記のように反映されます。
※5の待ち時間は、累計で表示されます。

待ち時間の設定

受付画面に現在の待ち時間を表示したい場合に設定します。

待ち項目・待ち時間>「受付画面・外部ディスプレイ」をタッチしてONにします。

 

ONにすると、お客様モードにした際に下記のように反映されます。

 

 

これで全体の設定が完了しました。次に、各iPadで画面モードを設定します。

STEP1 店舗全体の設定をしよう

STEP3 画面モードを設定しよう