複数呼出タイプを利用する