窓口店舗の主な設置イメージ

窓口店舗とは、銀行や携帯ショップ、旅行や修理カウンターなど、
主にカウンターで接客をおこなう店舗を指します。
ここではカウンターに3名の接客スタッフと、外部モニターがある店舗を想定した設定をご案内します。

主な設置例

①受付/発券用・・・iPad1台+プリンター1台
②窓口対応用・・・スタッフの人数分のiPad(ここでは3台) または パソコン
③呼び出し表示用・・・外部モニター1台に対し、iPad1台+HDMIケーブル+Digital AV アダプタ(HDMI変換アダプタ)

 

 ①受付/発券用  iPadとプリンター お客様が操作する受付・発券用のiPad1台に、プリンターを接続しています。
 (Airウェイトアプリは、お客様モードに設定しています。)
 ②窓口対応用  iPad、またはパソコン 店舗スタッフが操作する呼び出し操作用のiPad、またはパソコンを設置しています。
 (Airウェイトアプリは、店舗モードに設定しています。
パソコンの場合は、店舗オペレーション画面を表示しています。)
 ③呼び出し表示用  市販の外部モニターと
 iPad
現在の待ち状況をiPadから外部モニターに表示しています。
 (Airウェイトアプリは、外部ディスプレイモードに設定しています。)

 

設定の方法は、下記のリンクから確認ができます。
<窓口店舗>STEP1 店舗全体の設定をしよう