対応時間を担当者毎に記録する

お客様の対応にかかった時間を担当者毎に記録し、人員計画や人事評価に活用できます。
集計したデータは、分析レポートで閲覧したり、CSV形式でダウンロードすることができます。

※この機能をご利用になる際には、ヘルプデスクまでお問い合わせください。

設定方法

1.管理者メニュー>基本情報>「対応中ステータス」をONにします。

対応中ステータスとは

窓口業務などで、呼び出し後の対応時間を管理するためのステータスです。
ステータスは、待ち中→対応中→対応完了と移動します。

対応中ステータスをONにしていると、それぞれの担当スタッフが接客した人数や、
接客にかかった時間がパソコンから分析できるようになります。

 

2.管理者メニュー>基本情報>「担当者選択する」をONにします。

 

3.管理者メニュー>担当者>「担当者の編集」ボタンをタッチし、
担当者の編集画面で担当者を管理してください。
※呼び出し操作時にも担当者の追加・編集ができます。
215848487_9.png

215848487_10.png

 

担当者選択 (呼出操作時)

お呼出後、対応開始をタッチすると、下記画面が表示されます。
担当者名を入力して「次へ」をタッチすると、確認画面に担当者名が表示されますので、
「OK」をタッチして対応を開始します。
※担当者を入力しなかった場合、「指定なし」と表示されます。
※入力した担当者は、担当者単位のレポートで表示することができます。 

 

「担当者を選択する」機能をご利用の場合、
受付対応開始時に、選択した担当者が他の「対応中」の受付を、自動で「対応完了」に変更できます。
これにより、「対応完了」操作忘れの防止にも役立つほか、
担当者単位の受付対応時間もより正確に分析できます。

管理者メニュー>基本情報>「対応開始時に同じ担当者の受付を完了する」をONにします。

 

受付対応開始時に「同じ担当者の受付を自動で完了する」ボタンが表示されます。
ONの状態でOKボタンを押すと、選択した担当者の他の受付が自動で「対応完了」に変更されます。


※この機能は店舗オペレーション画面でも利用できます。