待たせすぎアラートを利用する