窓口に呼び出す(外部ディスプレイでの呼出)

窓口呼出は、店内にいるお客様を窓口に呼び出す機能です。
※「待ち中」タブ内でのみの機能となります。案内済や対応中タブ内では通常呼び出しとなります。

窓口呼出をおこなうと、外部ディスプレイモードの「窓口呼出タイプ」または「連番呼出タイプ」で、画面いっぱいに呼出番号が表示され、呼出音や音声読み上げ(端末で設定の有効化が必要)により、待合スペースにいるお客様を窓口まで呼び出します。

※この機能をご利用になる際には、ヘルプデスクまでお問い合わせください。

 

設定と呼び出し手順

1.呼出オプション>窓口呼出を利用するをタッチしてONにします。115001611848_01.png

2.呼び出したい受付データをタッチまたは左にスワイプし、「呼出」ボタンをタッチします。

3.下記図のように、受付番号と、通常の呼出か窓口に呼出かの選択画面が表示されますので、「窓口に呼出」を選んで「次へ」をタッチします。
確認画面が表示されますので、確認の上、OKをタッチします。


4.店舗モード画面では、ステータス欄に「窓口」と表示されます。

外部ディスプレイモードの時に、他のiPad(店舗モード)から窓口呼出を行うと、呼び出した番号が画面いっぱいに2回点滅(反転)します。通常の画面に戻った後にも、窓口呼出をおこなった番号の欄が3回点滅(反転)します。

 

 

また、「呼出時に音を鳴らす」をONにしておくと、同時に呼出音を鳴らすことができます。

窓口呼出タイプの場合は、メインメニュー>外部ディスプレイモード>窓口呼出タイプ>窓口呼出時に音を鳴らすをタッチしてONにします。
115001611848_05.png

連番呼出タイプの場合は、メインメニュー>外部ディスプレイモード>連番呼出タイプ>呼出時に音を鳴らすをタッチしてONにします。

115001611848_03.png

さらにその下の「読み上げ音声を利用する」をタッチしてONにすると、『5番でお待ちのお客様、1番窓口までお越しください』と音声で読み上げます。

『5番でお待ちのお客様、1番窓口までお越しください』

外部ディスプレイモード時について

外部ディスプレイモードでは、「窓口呼出を利用する」をONにしていなくても、モード変更時に下記画面が表示され、「OK」をタッチすると自動的に窓口呼出がONになり、外部ディスプレイモードに切り替わります。

呼出通知と窓口呼出を同時に実行する

ほとんどのお客様が店内や待合スペースで待っている施設や店舗では、呼出通知(携帯電話やメール等での呼出)と窓口呼出を同じタイミングでおこないたい場合があります。
次の手順により、同時に2種類の呼び出しをおこなうことができます。

1.呼出オプション>呼出通知と窓口呼出を同時に実行可能にする をONにします。
※事前に、「窓口呼出を利用する」をONに設定しておきます。

2.パソコンのブラウザで、店舗オペレーション画面を開きます。 呼び出したい番号の「呼出」ボタンをクリックします。

115001611848_09.png

3.「窓口を選択する」を有効にしている場合、まず窓口の選択が表示されるので、画面に従って、「次へ」をクリックします。

4.確認画面が表示されるので、「呼出通知と窓口呼出が同時に実行されます」と表示されていることを確認し、「OK」をクリックします。

以上の操作により、呼出通知と窓口呼出が同時に実行されます。

※なお、iPadアプリは、上記の操作に対応していません。パソコンの店舗オペレーション画面から操作する必要があります。