待ち項目単位のレポート表示

待ち項目単位のレポートを表示します。

レポートに表示される期間は、上部の期間指定で適用した期間になります。

※この機能をご利用になる際には、ヘルプデスクまでお問い合わせください。

 

待ち項目単位のレポートの見方


表示単位が「待ち項目」の場合は、下記のように表示され、各項目毎に変更ができます。

表示単位

このページでは待ち項目単位について説明していますが、他に店舗全体、担当者単位での表示が可能です。

待ち組数・待ち時間・対応時間

選択した待ち項目を待ち組数、待ち時間、対応時間のどれかをグラフに表示することができます。最初は待ち組数が選択されています。

※対応時間は、「対応中ステータスを利用する」をONにしている場合のみ数値が表示されます。OFFにしている場合にはデータが存在しないため、「0」となります。
「対応中ステータスを利用する」に関しては、こちらをご覧ください。

データの種類

「平均」か「最大」どちらかを表示します。最初は「平均」が選択されています。

横軸の目盛

横軸に表示する目盛りは「日付ごと」「曜日ごと」「時間帯ごと」の中から選択できます。
最初は「日付ごと」が選択されています。

待ち状況の推移

指定した期間及び【1】~【4】【6】で指定した内容のグラフを表示します。
指定した期間中のデータがない場合は「データが存在しません」と表示されます。
1日でもデータがある場合は、データが存在しない期間だけ「0」となります。

待ち項目

指定した期間内で使用された待ち項目が全て表示されます。チェックが入ったものがグラフで表示され、最大10項目を選んでグラフに反映することができます。

【7】のダウンロードデータや【8】のデータは、ここで選択した待ち項目以外もすべて表示されます。

CSV形式でダウンロード

【8】に表示されたデータを、CSV形式でダウンロードします。指定した期間、及び「1.表示単位」・「4.横軸の目盛り」で指定したデータが表示されます。
データがない場合は空白となり、横軸の目盛り単位でのデータがない場合は、該当する行が表示されません。

データ

指定した期間、及び「1.表示単位」・「4.横軸の目盛り」で指定したデータが表示されます。
データがない場合は空白となり、横軸の目盛り単位でのデータがない場合は、該当する行が表示されません。

 

横軸別のグラフとデータ

日付ごとのデータ

横軸の目盛を「日付ごと」にすることで、データの単位が日付ごとに変わります。

 

曜日ごとのデータ

横軸の目盛を「曜日ごと」にすると、グラフの項目と、データの単位が曜日ごとに変わります。
月曜日~日曜日の順で表示され、指定した期間の曜日単位の集計が行われます。

 

時間帯ごとのデータ

横軸の目盛を「時間帯ごと」にすると、グラフの項目と、データの単位が時間単位ごとに変わります。
時間帯は「0:00」~「23:00」で指定できます。

 

※分析レポートの詳細に関しては、こちらからお問い合わせください。